いろんな刺激を受けて

なんとなくだらだらと過ごすことを辞めて、意識して将来を考え始めました。

アニメ「ゴジラ 怪獣惑星」の年表をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

ゴジラがアニメ映画化され2017年11月17日から全国で公開。

監督は静野孔文瀬下寛之、 ストーリー原案と脚本を虚淵玄が手掛け

さらに3部作として製作されることが話題になっています。

www.youtube.com

 

さらにアニメのゴジラの設定が

他の怪獣を上回る存在としてわかる年表の画像がネットで拡散され

かなり興味をそそられています。

 

そんなゴジラ怪獣惑星の年表をわかりやすくまとめてみました。

 

ゴジラ 怪獣惑星の年表

 

1999年5月

アメリカのニューヨークのマンハッタン島の南西アッパー湾

海中から突如、怪獣が出現。

これが一番最初の怪獣。

呼称(こしょう)は、カマキラス

 

上陸から72時間後にボストン近郊のポーツマスまで移動

そこで空軍の攻撃により撃退

この時の死傷者数は約250万人(推定)

 

2002年9月

イギリスのロンドンに出現。その後マンチェスターまで

怪獣の呼称はドゴラ

死傷者数は約390万人(推定)

 

2005年11月

中華人民共和国の天津に出現、北京まで

出現した怪獣は2体でラドンアンギラス

死傷者数は約820万人(推定)

 

2017年12月

オーストラリア連邦シドニーからニュースカッスルまで

出現した怪獣の呼称ダガー

死傷者数は約670万人(推定)

 

2022年5月

トルコのイズミルからアンカラ

出現した怪獣の呼称オルガ

死傷者数は約115万人(推定)

スポンサードリンク

 

 

それから8年後の

2030年にゴジラが出現。

出現した場所はアメリカ合衆国の西海岸エリア

ロサンゼルスからサンフランシスコまで壊滅。

その時に出現した別の怪獣3体は

ゴジラによって撃退される。

 

これまでとは比べられないほどの被害が発生。

 

2034年

ゴジラによって西ヨーロッパが壊滅

 

2035年

異星人のビルサルドがロンドンへ飛来

 

2036年

異星人のエクシフがニューヨークへ飛来

 

2039年

地球連合が人間と、異星人のビルサルドとエクシフ3種族によって発足

 

2042年

怪獣ゴジラの活動が活性化し、出現回数は8回を数える。

この時すでに世界の人口は10億2千万人(推定)になる。

人類が生存できる場所も地球の19パーセントしかない。

 

この時期に地球外惑星へ移住する計画が行われ

移住するために必要な恒星間移民船の建造が始まる。

また移民船に乗れるのは選抜とされる。

 

ブラジルのリオデジャネイロ近郊に暫定中央政府機能が置かれる。

 

2045年

活発になる怪獣ゴジラの動きを止めるために

「オペレーショングレートウォール」が実行

ユーラシア大陸ヒマラヤ山脈付近の平野部のプレート境界断層を

熱核爆弾2000発で破壊

これによって総延長1万キロ、幅1キロ、深さ800メートルの

大断層帯が形成され、ゴジラの進行を遅らせる。

 

2046年1月

大陸プレートに封じ込められていたゴジラ

ヒマラヤ山脈の一部を熱線攻撃を行い脱出。

インド防衛線を突破し、ベンガル湾に消える。

 

 

2046年3月

日本の浜松にゴジラが上陸

ゴジラ最終決戦が敗北し

インド半島、日本列島から人類撤退

 

2048年

地球外惑星への移民計画として恒星間(こうせいかん)移民船

アラトラム号でくじら座タウ星eへ旅立つ。

 

2068年

くじら座タウ星eに到着するも、予想していた環境条件と

実際の環境があまりにも違い、人類が生活できないことがわかった。

 

地球からの移民という計画も白紙

アラトラム号の船内環境もひどくなっていたため

地球に帰還することを決め、長距離亜空間航行を行い

地球へ戻ったが・・・・地球は2万年の歳月が過ぎていた。

 

1999年に怪獣が初めて出現し

それから様々な怪獣が各国で甚大な被害を起こし

2030年にゴジラが登場後は、世界の人口も激減

人々が生活できる場所もほとんど失われる。

 

2046年には人類は7億人(推定)

生存できる場所もわずか11パーセントまでになった。

 

2万年後の地球を描くということは

ゴジラも何世代も子孫が増え

怪獣が住みよい環境に変わっていく中で

人類はどうなるのか?

さらに異星人たちとの関係は?

 

これまでのゴジラ映画にはない

スケールが描かれるので楽しみですね。

 

⇒アニメ映画「ゴジラ 怪獣惑星」の公式サイト