読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんな刺激を受けて

なんとなくだらだらと過ごすことを辞めて、意識して将来を考え始めました。

ご飯のお供デスマッチ!お米マイスターの西島さんがおすすめ新米5銘柄

 

ご飯のお供デスマッチ!で、お米マイスターの西島さんが登場して

今年おすすめの新米5銘柄とそのお米で炊いたご飯に合う

ご飯のお供が紹介されてましたね。

 

www.ntv.co.jp

 

その5銘柄の場所と名称をまとめてみましたので

参考にされて下さい。

 

 

 

匝瑳の舞(そうさのまい) 

最初に紹介されたのが千葉県の匝瑳市で収穫された

新ブランド「匝瑳の舞(そうさのまい)

このお米の特徴は大粒でモチモチ感があると西島さんがおっしゃってました。

 

こちらのお米に合うのご飯のお供は、「味市春香なごみの鮭明太」

 

 

2.ふくまる

 

茨城県産「ふくまる」というお米で、

特徴はコシヒカリよりもふっくらと丸く大粒の米です。

 

このお米に合う、ご飯のお供は「食べるだし醤油

 

 

3.上コシヒカリ

佐賀県上場(うわば)台地で収穫される「上場コシヒカリ

西島豊造さんは、お肉と相性の良い米であるといってました。

 

ご飯のお供はやっぱりお肉ということで

加藤牛肉店の「山形牛の手ほぐしコンビーフ」

 

 

4.こしいぶき

新潟県産の「こしいぶき」は、しっかりとした食感と

噛めば噛むほどお米の甘さを感じコシヒカリに近い旨みがあります。

 

ご飯のお供は、永井食堂の「もつっ子」で

それを大野智は驚いた表情で味わってました。

 

 

5.一番星

茨城県産の「一番星」で、関東で一番早く収穫できる品種です。

こちらのご飯のお供は、京洛辻が花の「お茶漬け最中」でした。

 

以上、五ツ星お米マイスターの西島豊造さんが

嵐にしやがれ2時間SP」のコーナー

「ご飯のお供デスマッチ!」で紹介した

おすすめの新米5銘柄でした。

 

より詳しいお米の情報を知りたい方は

西島さんのお店「スズノブ」のホームページをご覧ください。

www.suzunobu.com

 

美味しいお米とご飯のお供を手に入れて

味覚の秋をたっぷり堪能しましょう~。